MENU

輪姦出血!流し込み発狂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

輪姦出血!流し込み発狂

今回の生贄はかなりシャイな井上マヤ。165cmのスレンダーで脚長、上向きヒップで制服姿がばっちり決まってます。自分の健康状態は二の次でお客様が安全にフライトできるようにと気を使っています。今日は頑張りすぎて体調を崩し病院にやってきました。身体の隅々までチェックされたまでは良かったのですが、それだけで帰さないのが東京熱。恥ずかしがるマヤを無理矢理犯して二度と日の目を見れない玩具にしちゃいました(爆)。
恥じらいを見せながら病院の椅子に座るマヤに極太三本が襲い掛かる。チュパチュパといやらしい音を部屋に響かせる濃厚なフェラ。ベッドに移り一本を重点的に咥えて口内発射。口から手の平に吐き出された精液の塊をさらに舐める姿がエロい。
次はマヤの入口が小さく可愛らしい膣口を異物挿入責めが始まる。開脚ポーズでオマンコの中をしつこく掻き回されるとオマンコがパックリ全開!膣穴にバイブを捻じ込まれ次第に大きくなり、敏感なクリトリスには容赦の無いローター責めが加えられる。非道なプレイを受けてクスコで覗いたオマンコの内部はところどころが赤く変色。
さらに続く高速指マンに大きな喘ぎ声を上げて潮吹き。膣内から少し出血する程の極悪ぶりにマヤは半べそ状態。しかしそんなことはお構いなしで極太が生姦突入。
場所を患者用のベッドに移動し下から生串刺し。さらに両側から極太が迫り4P乱交。騎乗位で小ぶりのオマンコを下からブチ挿し込まれる。そして極太がもう一本乱入して3P。マヤの顔を押さえつけて強制フェラ。華のスッチーから性欲処理玩具へと変貌しザーメンを待つだけの人形となった。
鬼畜チンポ達の責めがこれまでに無いくらい激しかったのかマヤの恥ずかしいような困ったような表情は萌え。極太連中はさらに外道プレイへと突入していく。最後はマヤにとって初体験の生中出し連続輪姦プレイだ。力強い生ピストンでなされるがままの屈曲位の生ハメが続けられ生中出し。
チンポが抜き出されると膣内部からは濃厚なザーメンが噴出。何故かオマンコから出血しているぞ。生姦の極悪ぶりが伝わります。
続いて二本目が生挿入。マヤが気持ち良いかどうかなど無関係とばかりに強引な生嵌めの後膣内発射。オマンコは二発目の精液も流出する力を残してはいたものの、すぐに三本目が生挿入。生チンポが挿入される度にマヤはより最高級の肉奴隷へと貶められていく。二発分の精液でグチョグチョの膣は生ハメ具合も最高とばかりにほどなく三発目のザーメン放出。
三発分の精液が溢れ出さないようにマヤは脚を高く持ち上げられマングリ返しの体勢に。指で広げられパックリと開いた膣中にブッカケ軍団がザーメンを汁壺状態で垂れ流し。五人分の大量ザーメンが膣内に流れ込む。
ラストはスッチーの存在を否定するの集団ブッカケ。八人分の精液を顔面に浴び虚ろな表情を見せながら強制自慰。あまりの気持ち良さに発狂し濃い潮を大量に放出してしまう。
男には高嶺の花、女性にとっては憧れの職業であるスッチーがただの汁壺女になってしまうなんてチンポがビンビンです!どこの航空会社に乗ればこんなエロエロな汁壺女が乗務しているのでしょうか!?それは言えないあしからず(爆)。

ムービーダイジェスト

お気に入りに追加

ダウンロード(一括)

MP4 (2.118 GB)

画面サイズ: 640x480

ビットレート: 4000kbps

ダウンロードする

WMV (1.889 GB)

画面サイズ: 640x480

ビットレート: 3300kbps

ダウンロードする

写真ダウンロード

特別掲載JPG写真

ダウンロードする
e087maya_inoue_001.zip
ファイルサイズ:69.41 MB
ページ数:143
ダウンロードする
e087maya_inoue_002.zip
ファイルサイズ:72.01 MB
ページ数:143
ダウンロードする
e087maya_inoue_003.zip
ファイルサイズ:74.01 MB
ページ数:143
ダウンロードする
e087maya_inoue_004.zip
ファイルサイズ:69.98 MB
ページ数:143
ダウンロードする
e087maya_inoue_005.zip
ファイルサイズ:72.20 MB
ページ数:143
ダウンロードする
e087maya_inoue_006.zip
ファイルサイズ:81.13 MB
ページ数:146

オリジナルスライド写真集

スライドショー01
ダウンロード
s0230_maya_inoue_sp1.wmv
ファイルサイズ:234.55 MB
ページ数:522
スライドショー02
ダウンロード
s0232_maya_inoue_sp2.wmv
ファイルサイズ:288.56 MB
ページ数:548
このページの先頭へ