MENU

彼氏に売られて東京熱!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏に売られて東京熱!

モデル体系の三上沙紀ちゃんはスタイル抜群で超エロセクシーな女の子。付き合ってる彼氏に「お前可愛いからアイドルになれよ」と言われてその気になっちゃいます。一人の男に独占されるより万人に幸せを与えるのが可愛い女の子に与えられた使命です。しかし彼氏に紹介されたアイドル事務所は東京熱。求めていたのはアイドルはアイドルでも“肉アイドル”でした。東京熱の極悪軍団に輪カンされ「やっぱりアイドルって肉体労働だったのね」と気が付いた沙紀ちゃんの肉体奉仕女としての活躍を華々しく描いたハードな輪カンドキュメント。万人の精液を体内にぶち込まれるのが仕事の“肉体奉仕アイドル”の記念すべきデビュー作です。
彼氏の部屋でベッドに横になり漫画を読んでいる沙紀。彼氏にセックスを求められるが生理中のため口ですることに。口内発射された精液を口移しに彼氏に垂らす場面もあり彼氏とのラブラブぶりがうかがえる。
沙紀はアイドルになるべく彼氏の紹介のアイドル事務所に行くがそこで待っていたのは極悪軍団。キャンペーンガールの衣装に着替えさせられた上「教育だ」と手足を縄で縛られオナニーを強要される。ピンクローターも交えオナニーさせられた後興奮して活発になってきたオマンコを全開させての強制放尿。透明な黄色の小便が股間から滴り落ちると沙紀のアイドルとしてのプライドは無くなる。
続いて赤いボディコン姿の沙紀が後ろ手に縛られ雌奴隷として扱われる。バックスタイルで尻の肉をスパンキングされると同時にオマンコに指を突っ込まれる沙紀。さらにバイブを捻り込まれ膣内とクリトリスを並行して責められ絶叫。縛られたまま極太を強制フェラ。喉の奥につっかえるほどの極太を無理矢理口の中にぶち込まれ咳き込みながら耐える姿に興奮。
何度もスパンキングされた後バックで生カン開始。沙紀は背面座位で下から極太で膣内を突き上げられながらクリトリスを指で弄くりまわされる激しいプレイにオマンコから白濁した愛液を放出する。
続く騎乗位ではピストン運動の最中に尻の肉を激しくスパンキングされ泣き声をあげる。フィニッシュは正常位で中出し。小陰唇にへばり付いた粘り気のある精液がゆっくりと下に垂れる様子はエロい。
次の展開は東京熱事務所の極悪社員三人による輪カンの始まり。肉アイドルとしての仕事を完璧に叩き込まれる沙紀は3Pで膣内と口内にチンポをハメられ悶える。
二発目の生中出しで沙紀は精液流し込み専用のアイドルとしての自覚が完全に芽生えてきたのか多量の精液と愛液の混合液がオマンコから垂れ流される。
混合液が膣内から流れ落ちてしまわないうちに次の極太が生カン。膣内に滞留した液体はピストン運動で掻き回される。ドロドロの膣内にさらに新たな精液が注入されオマンコは許容量をオーバー。中出しされたザーメンが勢いよく逆流する。
さらに四本目が生カン。マンぐりポーズで中出しした後オマンコを指で強制的に広げられ膣の内部を覗かれる恥辱の場面が続くが激しい生カンに茫然として声の出ない状態の沙紀をとらえた映像で終了。
アイドルマニアの私としては肉アイドル誕生の瞬間に立ち会えたことを嬉しく思います。今後はファンに感謝するという意味でツアーに出ることをお勧めします。さらに奉仕アイドルの握手会ならぬ生カン会を是非企画してください。その際には濃厚なザーメンを膣内に注ぎ込むと同時に沙紀ちゃんへの熱い思いを綴った私のポエムをプレゼントしたいと思います。
166cm
出演者
三上沙紀
プレイ内容
3P~複数プレイ フェラ オナニー 中出し SM
タグ
中出し 小便 オナニー 輪姦中出し イラマチオ 口内射精 拘束・拘束具 スパンキング 緊縛
シリーズ
撮りおろし徹底陵辱ビデオ
レーベル
東熱
配信開始日
2006/07/11
収録時間
01:11:59
作品番号
n0140

ムービーダイジェスト

お気に入りに追加

ダウンロード(一括)

MP4 (2.089 GB)

画面サイズ: 640x480

ビットレート: 4000kbps

ダウンロードする

WMV (1.889 GB)

画面サイズ: 640x480

ビットレート: 3300kbps

ダウンロードする

写真ダウンロード

特別掲載JPG写真

ダウンロードする
e105_saki_mikami_001.zip
ファイルサイズ:544.27 MB
ページ数:972

オリジナルスライド写真集

スライドショー01
ダウンロード
s0265_saki_mikami_sp1.wmv
ファイルサイズ:193.15 MB
ページ数:520
スライドショー02
ダウンロード
s0267_saki_mikami_sp2.wmv
ファイルサイズ:283.25 MB
ページ数:482
このページの先頭へ