MENU

中出し30連発鬼畜カン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中出し30連発鬼畜カン

中出し30連発鬼畜カン  どこにも逃げ場無しのエンドレス中出しが炸裂!キュートな妹系美少女・本田瑠奈が餌食になりました。キモくて臭い男達に取り囲まれされるがままの絶望的な状況。しかも男達は我先に中出しする事しか考えていない鬼畜連中ばかり。何回中出しされても終わらないプレイにパニック寸前の瑠奈は終始絶叫して本気で抵抗。しかし容赦無い32発の大量注入で膣内ブクブク。強制妊娠&心身崩壊に追い込まれた挙句とどめの電マ責めでマンコ崩壊。使い物にならない女体にされ生ゴミ処分場に直行です。

 瑠奈はスタジオに入った直後覆面を被った大勢の男達に襲われる。事情を飲み込めないまま服を破られた挙句に全身を触りまくられる。簡単な撮影だとしか聞かされてなかった模様。激しく抵抗するも到底力では敵わずされるがまま。狂気すら感じさせる男達の暴走に恐怖すら感じて本気で怯える始末。悲惨過ぎる。

 何度も帰りたいと絶叫するもパンストを破られた後パンティも脱がされマンコが露わに。直後クンニされまた絶叫。そして抱え上げられた状態で生カンされる。散々掻き回され既に泣きそうだ。立ちバック。背面騎乗位。激しくピストンされると同時に口内にも無理矢理チンポを押し込まれてしゃぶらされる。

 背面騎乗位。正常位。本気で嫌がりながら突きまくられる。そして必死に拒否するも立ちバックで容赦無く次々とチンポを放り込まれて膣内射精9連発。マンコは直にグチャグチャに。直後開脚ポーズにさせられ容赦無く連続膣内射精を強行される。途中妊娠の危険を必死で訴えるも完全無視されチンポを放り込まれてはザーメンを注入され続ける。終わる気配無しの非道なプレイに瑠奈は絶叫。結果合計19発の強制大量中出し。肉ビラは肥大し。マンコはドロドロだ。

 事後自失状態のまま放置される。やっと終わりかと思った矢先に別の男達が現れて地下室に連れ込まれるハメに。そして首輪を付けられ両手も拘束されてローターで責められる。クリにローターを押し付けられて同時に膣内にも押し込まれ善がりまくり。直後クリを電マで責められ絶叫。嫌がりながらもビクビクと反応。そして4本を強制フェラさせられた後正常位で捩じ込まれる。

 立ちバック。騎乗位。背面騎乗位。ハメられながらクリを電マで責められ悶絶。正常位。屈曲位。駅弁ファック。激しく突きまくられて絶叫。そして正常位で生中出しされる。直後お掃除フェラ。直に2本目を挿入され背面騎乗位でザーメンを注入される。お掃除フェラの後3本目はバックで生中出し。続く4本目は正常位でザーメン注入。そして電マを股間に押し当てられた状態で下半身をテープでぐるぐる巻き。解放されるどころか半永久的に慰み者にされる事に。

 この後散々中出しされた瑠奈は御役御免になり山に捨てられる。ボロボロマンコは異臭を放っていてゴミ以下の価値ゆえに当然だ。しかし半年後東熱本社のゴミ置き場で拾ったゴミを食べて暮らす姿が確認される。さすが下等な女。虫けらの様な生命力だ。

餌食情報
名前 :本田瑠奈 (Runa Honda)
身長 :148cm
スリーサイズ : B83(B). W56. H81
靴サイズ :22.5 cm
星座 :蟹座
血液型 :B型
出身地 :東京都
趣味 :ショッピング
好きなタイプ :猫目な人
好きなスポーツ :サッカー
好きなタレント:三浦翔平
特技 :甘えること
好きな食べ物:チョコ n1000 Honda Runa 本田瑠奈 撮りおろし徹底陵辱ビデオ 中出し 輪カン中出し オモチャ責め イラマチオ お掃除フェラ 拘束・拘束具 電気アンマ 首輪 中出し20発以上 中出し拒み無視 覆面男(マスク含) 汁男優連続膣内射精 パンスト破き・切り 地下室 バック中出し 電マラッピング放置 カジュアル 中乳 Bカップ ちび炉利系 ロング 普通 炉利 東京都 ショッピング 甘えること サッカー

フォトギャラリー

ムービーダイジェスト

お気に入りに追加

ダウンロード(一括)

Full HD (5.619 GB)

ファイル形式: WMV

画面サイズ: 1920x1080

ダウンロードする

MP4 (3.170 GB)

画面サイズ: 1280x720

ダウンロードする

WMV (3.129 GB)

画面サイズ: 1280x720

ダウンロードする

写真ダウンロード

特別掲載JPG写真

ダウンロードする
e964runa_honda_001.zip
ファイルサイズ:327.72 MB
ページ数:693

オリジナルスライド写真集

スライドショー01
ダウンロード
s1210_runa_honda_sp2.wmv
ファイルサイズ:210.88 MB
ページ数:692
このページの先頭へ